ママ友とのお付き合い、どうしてますか?


a0780_000678

母学アカデミー学長の河村京子です。

2000冊の子育て本にも書いてない「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

今は幼稚園や小学校も夏休み。
仲のいいお友だち家族で出かけたりするご家庭もあるかもしれませんね。

でも、「ママ友」との関係はとっても微妙でデリケート。
お付き合いが難しいと感じられるお母さんもいらっしゃるでしょう。

あるお母さんからこんな質問をいただきました。

>以前のメルマガにも少し触れられていましたが、先生は、ママ友(というか、お子様の幼稚園や保育園のお母さん方)とは、当時どのように付き合っておられましたか?

というのも、私は小学生の頃から、女特有の?群れることが大の苦手で、一匹狼というか、信頼できる友人が数人いればそれでいいや、というタイプでした。
今もそうです。

しかし・・・子どもたちの幼稚園のお母さん方は、社交的でグループ作りが上手で、降園後も子ども連れで、今日はあの公園に集合ね、週末はあのイベントに皆で行こう、等よくされています。

私は羨ましい気持ちもありますが、自分が自由気ままに動きたいタチなので、あまり気にしていませんでした。

でも、子どもがそれを見て(聞いて)羨ましがるようになり、私が社交的でないために、子どもに寂しい思いをさせてしまったのではないか、子どもの社交性を作る機会を奪ってしまったのではないか、と悩むようになりました。

先生はどのように考えられますか?
私は今後、どうしていけば良いのでしょうか?
また、ご自身はどのようにお付き合いされていたか、差し支えなければ教えて頂けると嬉しいです。
(ここまで)

ママ友同士の付き合い方の悩みもあれば、ママ友グループに入らない(入れない)という悩みもあります。

どちらにしても一長一短あります。

このお母さんの場合は、グループに入りたくても入れない悩みではなく、
自分は一人でも平気だけれど、そのために子どもに寂しい思いをさせているのでは?

という悩みです。

この場合、お母さんの付き合いはお母さんがしたいようにされたらいいと思います。
人に惑わされずに一人でいたいのなら、それでOKですよ。

お子さんはみんなで出かけたことを聞くと寂しい思いをされるかもしれませんが、
それも運命です。

もしかしたら、一緒に出掛けたことでイヤな思いをするかもしれません。
それは誰にもわからないことなのです。

そして、こういった悩みは小学低学年までです。

高学年になったら、子どもには子どもの世界ができます。
その中で自分の本当の友達を作っていきますから、心配ありませんよ!

それよりも、お母さんが悩んでいることがお子さんに伝わる方が心配です。
あくまでもママ友のお付き合いは、お母さんのものですから、
お母さんが楽しくてラクな方がいいのです。

そんな姿を見て子どもは学びます。
「お母さんのように一人で楽しみたい」かもしれませんし、
「お母さんのように一人じゃなくてみんなで楽しみたい」かもしれません。

それは、子どもの選択ですからお子さんに任せてくださいね。

まずはお母さんが自分の「子育ての軸」をしっかり持つこと。
その上で「子育てのアレコレ」を学ぶことで、子育てはスムーズになります。

人間は経験がないこと(学んでいないこと)に出会うとパニックになるし、混乱します。
でも、あらかじめ学んでおいたことには、
冷静に対処することができるのです。

子育てのすべてを事前に経験することはできませんが、
「学んでイメージする」ことはできます。

そんな学びが【母学通信コース】です。
ぜひ日本中のお母さんに「子育て」を学んでいただきたいと思います。

くわしくはこちら⇒★

8月のセミナー予定

8/2  12:00~13:00 ランチ会in博多(満席)
    13:00~15:00 【お金の管理の出来る子どもの育て方】in博多(満席)
くわしくはこちらから

8/21 10:00~12:00  
   【お金の管理の出来る子どもの育て方】in東京
8/22  10:00~12:00  
   【子どもの能力を引き出す必要条件】 in東京
くわしくはこちらから

【母学】情報
ブログでは書けない「子育て裏ワザ、私の子育て実績」をメルマガでお知らせしますので、
どうぞ、ご登録くださいね!(^^)!
登録はこちらから→★

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「0歳から6歳までの東大に受かる子どもの育て方」
河村京子著 KADOKAWA中経出版

購入はこちらから→★

「親も楽しむ[後ラク]子育て~教えず・怒らず・トコトン考える母学のススメ~」
河村京子著 ハート出版

購入はこちらから