自己肯定感の高い子どもを育てる簡単な方法★


a0001_013142

母学アカデミー学長の河村京子です。

2000冊の子育て本にも書いてない「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

あなたはお子さんの「いいところ」を3つ言えますか?

「明るいところ」
「やさしいところ」
「元気なところ」
「素直なところ」

などなどきっとすぐに3つと言わず、4つでも5つでも口に出すことができたでしょう。

では今日、お子さんのいいところをいくつ、直接言葉で伝えましたか?

「すべて!」と答えられた方は少数だと思います。

日本には「以心伝心」という言葉があります。
わざわざ言葉で伝えなくても、心で伝わるという考え方です。

確かにその通りです。

「目は口ほどにものを言う」とか
「あうんの呼吸」とかも似たような言葉ですね。

もう何十年も生きてきた大人であれば、これらは当てはまると思います。
でも、生まれてからまだ数年しかたっていない子どもにとっては、
理解できないことなのです!

だから、子どもにはお母さんの愛情を言葉で伝えてあげましょう!
もちろん、スキンシップも添えて!

「明るい子」
「やさしい子」
「元気な子」
「素直な子」
「賢い子」

そんな言葉をかけ続けられて育った子どもは
自分の心にそれらの言葉を刻んでいきます。

そうすると自然と

「自分は明るい子」
「自分はやさしい子」
「自分は元気な子」
「自分は素直な子」
「自分は賢い子」

と思うようになります。
そうすると「自分はやればできるんだ!」と自信を持って
チャレンジする子になるのです。

「自己肯定感(自分はOKだと思える気持ち)」が高くなるのです!
自己肯定感が高い子(大人もですが)は前向きで、へこたれません。

失敗することがあっても、すぐに立ち直ってまた新たなチャレンジをします。

そんな子どもを育てるためにはまず、

お母さんが「子どものいいところ」を言葉にして伝えること!です。

それも、毎日!!!

ぜひ続けてくださいね(^○^)

まずはお母さんが自分の「子育ての軸」をしっかり持つこと。
その上で「子育てのアレコレ」を学ぶことで、子育てはスムーズになります。

人間は経験がないこと(学んでいないこと)に出会うとパニックになるし、混乱します。
でも、あらかじめ学んでおいたことには、
冷静に対処することができるのです。

子育てのすべてを事前に経験することはできませんが、
「学んでイメージする」ことはできます。

そんな学びが【母学通信コース】です。
ぜひ日本中のお母さんに「子育て」を学んでいただきたいと思います。

くわしくはこちら⇒★

4月のセミナー予定ですヽ(*´∀`)ノ

4/24 10:00~12:00  【子どもの未来を拓く習い事セミナー】in東京(残席3名)
4/25 10:00~12:00 【子どもの未来を拓く習い事セミナー】in東京

詳しい内容は【子どもの未来を拓く習い事セミナー】をご覧ください

4/17 10:00~11:30 【説明力養成入門講座】in大阪
4/19 10:00~11:30 【説明力養成入門講座】in福井

詳しい内容は【説明力養成入門講座】をご覧ください。

【母学】情報
ブログでは書けない「子育て裏ワザ、私の子育て実績」をメルマガでお知らせしますので、
どうぞ、ご登録くださいね!(^^)!
登録はこちらから→★

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「0歳から6歳までの東大に受かる子どもの育て方」
河村京子著 KADOKAWA中経出版

購入はこちらから→★

「親も楽しむ[後ラク]子育て~教えず・怒らず・トコトン考える母学のススメ~」
河村京子著 ハート出版

購入はこちらから