母学アカデミー学長 河村京子が伝授
”成功する子ども”を育てる究極メソッド

母学コラム

母学コラム詳細

子どもの要求を断るための5つのステップ★

pafe
母学アカデミー学長の河村京子です。

「母学」を学んで子育ての花を咲かせましょう!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
子どものワガママな要求、どこまでゆるしてどこから断るか、
ムズカシイところです。

また、お母さんの言い方によっては、大泣きされたり、バトルになったり(-_-;)

>娘は3歳になったばかりで、イヤイヤが落ち着いたと思ったら最近自己主張が物凄く強くなりました。
以前先生にお聞きしたように、触れ合いを求める甘えはできる限り応えるようにしているのですが、
~に行きたい、したい、食べたい、という主張は、代わりの案や交換条件では収まらないことが増えてきて、
大泣きさせるか親が折れてしまうかになってしまいます。
わがままと思える主張は、どんな対応をすれば良いのでしょうか?
(ここまで)

人間誰にも欲はあります。
「どこどこへ行きたい!」
「なになにが食べたい!」

大人だって当然ありますよね(#^.^#)

「ヨーロッパ旅行へ行きたい!」
「新しくオープンしたお店のランチに行きたい!」

大人は自分の財布と時間と贅沢度を考えて自分で決断します。
「ヨーロッパはムリだけど、ランチには行っちゃお^^;」
(どうしても自分には甘くなりがち(笑))

子どもはまだそんな判断ができませんから、
代わりに親がするしかないですよね。
たいていは、無茶苦茶な要求なので却下することになるのですが^^;

ただ、却下の仕方が大切です。次の5つのステップでできれば
お子さんの大泣きは減るかもしれませんよ。

①頭ごなしに否定しない

「ダメ!」
「そんなところ行けないの!」
「お金がないから無理!」

と言ってしまうと子どもは親に拒否されたことで
大泣きになります(-_-;)

②まずは共感してあげる。

まずは、共感してあげましょう。
「ここへ行きたいのね」
「これが食べたいのね」

③理由を告げる

それから、やんわりと理由を告げます
「今は行けないのよ」
「これは今は食べられないのよ」
小さい子なら詳しい理由はなくてもいいです。

④ウソはつかない
ただ、ウソはいけません。

「ウチはお金がないから」

よく使う手ですが、このウソはすぐバレます(笑)

⑤我が家の方針を貫く

「ウチはそこへは行かないのよ」

とウチの方針を貫いていいと思います。
子どもが大泣きをしても、怒らずにいてあげてくださいね。
「行けなくて悲しいね、残念だね」と
共感をしてあげてお母さんは平静(をよそおう)に・・・

そのうちに子どもも学習して
「これはウチでは許可がでないもの」が
分かるようになりますよ。

一度でも大泣きに負けてしまったら、
次回からはドンドンエスカレートしますからご注意を!

【母学】情報
詳しくはメルマガでお知らせしますので、
どうぞ、ご登録くださいね!(^^)!
登録はこちらから→★

ところで、6月21日(土)に博多で
【母学セミナー&グループセッション】を
開催することにしました!(^^)!

6月21日 4名(残席2名)
参加費 5000円(通信コース受講者さまは3000円)
会場 エイムアテイン(博多駅徒歩2分)

少人数でじっくりセッションしたいので
定員は4名です。残席2名です。
ピンときた方はお早めに!
その後、お時間がある方はランチしましょう!(^^)!

申込みはこちらから→★

7月4日は東京に参ります。

11:00~12:15【母学ワークショップ】
13:00~14:45【母学セミナー&セッション】(残席2名)

午前は定員10名で3000円
午後は定員5名で5000円です。

母学通信コース受講者さまは特典として
午後の参加費5000円を3000円で参加いただけます(#^.^#)

少人数でじっくりセッションしたいので
定員は5名です。

スケジュールチェックしてくださいね。

お子様連れでも大丈夫です(#^.^#)
(託児はありませんが)

場所はマイスペース 新橋汐留口駅前店新3号室⇒★

申込みはこちらから→★

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

「0歳から6歳までの東大に受かる子どもの育て方」
河村京子著 KADOKAWA中経出版

購入はこちらから→★